top of page

建築士事務所登録申請 はじめの一歩

お疲れ様です。ほうせいくんです。

行政書士業務の一つである建築士事務所登録申請」のお話。

  

行政書士の弟子時代も建設業・宅建業・産廃業そして建築士事務所の申請を主に担当しておりました。私の友人に、二級建築士をもってますが、まったく活かさず別の仕事をしてる者がおり(勿体ない国家資格の持ち腐れ友人)。そういう方にも必読です。



建築士事務所登録は、法人様だけでなく、個人事業主様でも申請することができ、手続きも法人よりも比較的に容易です。



建築士事務所登録申請とは

建築士事務所とは、建築士の方々が、他人の要望に応じ、報酬を得て「設計等」を行うために必要な施設・場所・拠点などをいいます。建築士として、設計等の業務を行い、設計事務所を開設する場合は、必ず都道府県に建築士事務所登録を受けます。


・建築士事務所登録が必要となる業務

①建築物の設計

②建築物の工事監理

③建築工事契約に関する事務

④建築工事の指導監督

⑤建築物に関する調査または鑑定

⑥建築に関する法令または条例に基づく手続きの代理


・建築士事務所登録場所

都道府県の建築士事務所協会などが提出の窓口になります。

※事前に管理建築士講習の受講、事務所の確保等済ませておく必要があります。

令和4年10月1日より新規申請のみオンライン申請も試行開始されました。


・登録の有効期間:5年間

登録があった日から5年目の登録日に対応する1日前に満了

します。)。有効期間満了後、引き続き業務を行おうとする方は、満了日前30日までに

更新の登録申請をしなければなりません。

※更新の手続きをしない場合は、登録抹消となります。


・登録手数料(消費税は非課税)

一級建築士事務所18,500円,二級建築士事務所および木造建築士事務所13,500円


許可証交付までの期間:申請書の提出から登録完了までの目安は、概ね1週間程度です。



 

★ほうせい行政書士事務所は、ご自身で準備をして「提出書類不足」「記入不備」等を

防ぐために、お客様に代わりに申請承ります!色々わからないことがありましたら、

お気軽にご連絡を。

 


閲覧数:5回0件のコメント

댓글


bottom of page